カテゴリー

最新記事

Loading

尚茶堂ブログ

「はじめてのお試しセット」の販売を終了しました

2014年3月23日 00:32|お茶(煎茶/かぶせ茶)

3月22日をもちまして
はじめてのお試しセットの販売を終了いたしました。

皆さまからはたくさんのご注文をいただき御礼申し上げます。
ありがとうございました。

次回は、2014年摘みたての新茶でご用意させていただきます。
販売は6月初旬を予定しています。

どうぞ楽しみにお待ちください!

「おくみどり」の販売を終了します

2014年3月18日 00:31|お茶(煎茶/かぶせ茶)

3月18日をもちまして、おくみどりの販売を終了いたします。
皆さまからはたくさんのご注文をいただき御礼申し上げます。
ありがとうございました。

次回は、2014年摘みたての新茶でご用意させていただきます。
販売は6月初旬を予定しています。

どうぞ楽しみにお待ちください!

新商品【お茶事始(ことはじめ)】のご案内

2014年3月 1日 01:01|お茶(煎茶/かぶせ茶以外)お茶(煎茶/かぶせ茶)アイテム

このたび尚茶堂では新商品「お茶事始(ことはじめ)」を発売しますので
ご案内いたします。

お茶との付き合い方も多様化しているなかで、お茶を急須で淹れて飲む
習慣が薄れつつあります。お茶は本来、急須で淹れて飲まれます。
急須で淹れたお茶には、急須で淹れた時にしか味わえない独特の香りや
旨みが生まれます。だから急須で淹れるお茶は美味しいのです。

茶葉本来の香りや旨みを手軽に楽しんでいただきたい。
その想いから「お茶事始」は生まれました。1煎目、2煎目と変化する
お茶の香りや味はもちろんのこと、それぞれの茶葉に合った淹れ方を
することで、お茶の違いも楽しんでいただきたい。

その名のとおり、「お茶事始」はお茶を一から始めたい方に、そして、
さらにお茶を楽しみたい方に、手軽に楽しんでいただける茶箱です。

sIMG_1873.jpg
■商品名:お茶事始(ことはじめ)
■価 格:1350円(税抜き)
■販 売:尚茶堂のホームページでは4月上旬予定
      中川政七商店「日本市」博多デイトス店をはじめ、全国の雑貨店等で販売予定
      中川政七商店「日本市」博多デイトス店は3月1日より販売開始

詳しいご案内はこちら

【重要なお知らせ】類似品・模倣品にご注意下さい!

2014年2月24日 00:16|その他

平素より弊社商品をご愛顧頂き、誠に有難うございます。

弊社ブランド嬉野茶 煎茶「匠」、嬉野茶 煎茶「極」を付した商品の
類似品・模倣品が長崎空港や波佐見陶器市の会場で販売されていることが
判明致しました。

これら類似品・模倣品は、商品名において同じ表記になっておりますが
弊社商品とは品質において大きく異なります。
また、弊社では類似品・模倣品を販売している業者とは全く関係がなく
取引もございません。

お客様が間違って購入することを防ぐためにも、弊社は、類似品・模倣品の
販売を中止するよう鋭意対処する所存ではございますが、

お客様におかれましても十分にご確認のうえ、商品をご購入頂きますよう
お願い申し上げます。

弊社が販売している嬉野茶 煎茶「匠」、嬉野茶 煎茶「極」のパッケージは
下記の内容のみとなります。
sregular_takumi_img.jpgsregular_kiwami_img.jpg


上記の内容以外で同一名の商品(類似品・模倣品)を見つけられましたら、
下記連絡先までご連絡下さい。

今後とも、嬉野茶 煎茶「匠」嬉野茶 煎茶「極」をはじめ
弊社商品をご愛顧いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。


連絡先:尚茶堂
TEL/FAX 0120-0188-33
E-MAIL mail@ureshinotea.com

新商品のお知らせ

2014年2月17日 01:09|アイテム

sIMG_185001.jpg

尚茶堂では3月1日より店舗様向け新商品の販売を開始します。

現在、販売にむけていろいろと準備をしているなかで
11日はプロのカメラマンさんに写真を撮影していただきました。

新商品はご自分用にも、プレゼントとしても使っていただける
内容・サイズ・パッケージになっています。
ちょっとした贈り物、プレゼントにはオススメです。

当面は店舗様のみの販売となります。
販売される店舗様については、3月1日以降、ホームページにて
ご案内いたします。

どうぞお楽しみに!

“大地のかりんとう”でお馴染みの和菓子職人 町野英仁さんが雑誌「Discover Japan」で紹介されました!

2014年2月 9日 09:51|

01271235_52e5d414210e8.jpg

大地のかりんとうでお馴染みの和菓子職人「まっちん」こと町野英仁さんが
別冊Discover Japan「ニッポンの和菓子」で紹介されました!

雑誌では、町野さんに習う餡子の作り方や町野さんの和菓子も掲載されていて読みごたえたっぷりです。

尚茶堂では大地のかりんとうセット「縁-EN-」でお世話になっていますが
町野さんはかりんとうのほかにも、たくさんの和菓子を作られている人気の和菓子職人!

その町野さんが作った和菓子を、購入できるお店が2店あります。
ひとつは、三重県伊賀市にある和菓子工房「まっちん」。
そして、もうひとつは昨年岐阜にオープンした「おやつや まっちん」。

「おやつや まっちん」は月に1度の営業なの、でオープン前には行列ができて
午前中には完売になるほどの人気店!

せっかく行くんだったら、ぜったいに買って食べたいですよね!
お店の詳細情報はこちらに載っていますので、事前によく調べてから行ってください!

■おやつや まっちんの詳細情報はこちら
■和菓子工房 まっちんのホームページはこちら

節分は福茶を飲んでhappyに!

2014年2月 2日 18:29|その他

あしたは節分。

節分と言えば、豆まきや恵方巻きを食べるといった習慣が
よく知られていますが、「福茶」というお茶があるのをご存知ですか?

福茶を飲むと1年の邪気が祓えると言われ、
縁起のいいお茶とされています。

福豆にお茶を注ぐだけでもいいのですが、
さらに縁起がよくて、おいしい福茶を作る方法をご紹介します。


■おいしい福茶のつくり方
<用意するもの>(湯のみ1杯分)
・福豆……3粒 (豆まきの豆。香ばしく炒ったほうが美味しくなります)
・塩昆布、または昆布の佃煮……適量
・梅干……1粒(種をとっておきます)
・熱湯……180cc(お好みで緑茶でもOK)


<作り方>
材料を全部入れ、熱湯を注げば出来上がりです!


福豆が3粒なのは縁起のいい吉数だから。
「まめまめしく働ける」という意味もあります。

昆布は「よろこぶ」にかけており、
梅はおめでたい松竹梅に通じます。


簡単に作れて、しかも美味しい。
大変縁起のいい福茶をのんで、今年1年無病息災!
元気に過ごしましょう!


正島克哉さんの片手土鍋でパンを焼いてみました!

2014年1月19日 17:51|アイテム

前回のブログで紹介しました正島克哉さんの「片手土鍋」

贅沢にインスタントラーメンを作ったり、鍋やスープなど
作ってそのまま食べられる料理はひと通り試してみたので
ほかに作れるものがないか探していたところ、
正島さんのブログでパンのレシピを発見しました!

工房正島ブログ『土鍋パン』
早速、トライ!
レシピのとおり作ってできたパンがこちら!!
IMGP1557.jpgIMGP1561.jpg

ふっくらと膨らんだパンでしたが、
中が少し半生状態のところもあって、今回は69点のできか?

正島さんいわく、
『オーブンの状態によって焼きあがる状態が異なるので
 調整しながら、焼いてくださいね』

とのことなので、次回は焼き方を注意しながら焼いてみます!

寒い日はできたてアツアツを食べたい!そんな時は正島克哉さんの「片手土鍋」がオススメです!

2014年1月14日 05:03|

冬はやっぱり、できたてのアツアツを食べたいと思いませんか?

でも、できた料理は一旦器に入れかえるので、
器を温める手間がめんどうだったり、移した後も少し時間が経つと
冷めたりして、なかなかアツアツを食べるのは難しいです。

しかし!その問題を解決してくれる鍋に出会いました。

直接火にかけられて、しかも作ったそのままの状態で食べられる鍋。
それがこちら、正島克哉さんの「片手土鍋」です。
IMGP1541-1.jpg

正島さんは福岡久留米に工房を構える作家さんで
この片手土鍋は正島さんの定番アイテム。

「夜食の一人インスタントラーメンもおいしく食べたい」
との思いから誕生したこの土鍋は

素材の味をじっくり引き出す耐熱土鍋でつくられ
直火でもオーブンでも使える非常に便利なアイテムです。

大きさはちょうど1人分。
おかゆ、ビビンバにスープ、煮込みにグラタンなど。
寒い季節は毎日活躍してくそう。

東京・渋谷にある器屋「SHIZEN」さんで購入しましたが
正島さんのホームページでも購入できるようです。
この冬オススメの逸品です。

■正島克哉「工房正島」はこちら


「丸急須・使って実感キャンペーン」●お好きな茶葉と“かりんとう”をプレゼント!

2014年1月 7日 00:59|アイテム

今年は茶葉だけではなく、急須にもこだわってみませんか?

尚茶堂では、たくさんある急須のなかから厳選して
常滑焼高資陶苑の「丸急須」を昨年より販売しています。

なぜ「丸急須」なのか、といいますと
使いやすさはもちろんですが、茶葉の旨みを最後に1滴まで
しっかりと抽出できるからです。

それができるのは、丸急須には3つの特徴があるから。

<特徴1>茶葉本来の香りとうま味を引き出す茶漉し
 胴と同じ素材で作られた陶製の茶こしは、目が細かく面積を広くとった
 高資陶苑独自の発明。茶葉の目詰まりが起きにくく、最後の一滴まで
 しっかりと茶葉の香りとうま味を抽出することができます。

 → こちらで茶こしの目を見ることができます


<特徴2>一滴の水切れの良い注ぎ口
 最後の一滴までしっかりお茶を注ぎ切ることができるように計算された
 注ぎ口。しっかりと、そして、ぴたっと気持ち良く水切れします。


<特徴3>ぴったりと収まる蓋
 最後の一滴まで注ぎきるには、傾けた時に蓋からお茶が漏れない
 身の締まりが大事。蓋すりという技法により胴と蓋がぴったりと収まり
 隙間からお茶が溢れることはありません。


以上、3つの特徴を書きましたが、
使ってみないとその良さを実感できないのも事実です。

そこで尚茶堂では「丸急須・使って実感キャンペーン」としまして
1月31日までに丸急須をお買い上げいただきましたお客様に
すぐに使って、良さを実感していただけるように

つぎの4つの茶葉からお好きな茶葉1袋と
尚茶堂の嬉野茶に合う和菓子「大地のかりんとう 塩味」

プレゼントするキャンペーンをご用意しました!

選んでいただける4種類の茶葉はこちら。
煎茶「極」(40g)
煎茶「凛」(50g)
白折「和」(50g)
玄米茶(100g)

丸急須をご注文する際に、購入画面の「ご意見・ご感想」の欄に
ご希望の茶葉名を記入して下さい。

丸急須について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ぜひ、このキャンペーンを利用して今年はさらに1歩前進!
急須にもこだわってみてください。

お支払い方法
クレジットカード

使用可能カード

カード番号等はSSLにて暗号化してサーバーに送られますので、安心してご利用いただけます。

銀行振込

ご注文時にいただいたお名前にてお振込をお願いいたします。銀行振込手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。

コンビニ決済

使用可能コンビニ

決済手数料は、お客様のご負担となりますのでご了承ください。

購入金額 手数料
3,000円未満 210円
3,000円以上10,000円未満 240円
10,000円以上30,000円未満 290円
30,000円以上50,000円未満 340円
配送・送料・返品について
配送について

ヤマト運輸

商品の発送は、できるだけ早くにお届けできますよう努力しておりますが、ご注文いただいた営業日から2日〜5日程度お時間をいただいております。
営業日以外(土曜・日曜・祝日)のご注文については、翌営業日から2日〜5日程度お時間をいただいております。

配達日指定をご希望の場合は、佐川急便「宅配便」をご利用下さい。

送料について

100g(普通郵便)まで→全国一律 200円
380g(普通郵便)まで→全国一律 320円
720g(レターパックプラス)まで→全国一律 510円
721g以上(宅配便)→地域・重さによって送料は変わります。詳しくは「宅配便の料金表」を参照してください。

15,000円以上お買い上げで送料無料

※ギフト・送料込み・送料無料の商品は対象外となります。

返品について

なまもののため、お客様のご都合による返品・交換はご容赦下さい。 万が一商品の誤送、包装紙・商品の破損など、 その他ご不明な点がございましたら、弊社までご連絡下さい。

ポイントについて

100円=1ポイントを進呈します。
100ポイント〜使用できます。使用上限はありません。

贈答用パッケージと送料について

プレゼント、お中元、お歳暮などで商品を送られる場合は専用の箱に入れられることをおすすめします。

通常の梱包仕様は普通郵便対応のため、のし紙や包装紙はついておりません。そのため、プレゼント用に100g商品が3本、5本入る専用の箱をご用意しています。箱代は別途400円(のし・包装紙代含む)になります。

また、専用箱で送る場合は、佐川急便「宅配便」のみの取り扱いとなります。普通郵便での発送はできませんので「送料無料」の商品でも別途送料がかかります。送料につきましては、宅配便の料金をご参照ください。

お問い合わせ
お電話にて

フリーダイヤル:0120-0188-33

メールにて

24時間受け付けています。お問い合わせフォームにアクセスし、内容をお送りください。

お問い合わせフォームへ

連絡先

嬉野茶専門店 尚茶堂(しょうさどう)

〒664-0864 兵庫県伊丹市安堂寺町5-24-3
TEL&FAX:0120-0188-33
E-mail:support@ureshinotea.com

ページの先頭へ戻る